「官製婚活」は行き過ぎ?

先日、新聞で

「官製婚活行き過ぎ?」

という記事を見ました。

未婚化、晩婚化が進行中の今、

全国の自治体独身者に出会いの場を提供するなどの

婚活支援事業を行なっていると言った内容で、

人口減少対策、少子化対策として

結婚という個人的な事柄に

行政が関わることに行き過ぎという声もあり、

内容もA論、B論と二極化されていました。

婚活を公費で賄うため利用者の金銭的な負担が減ることや

特に地方では縁結び役を担っているといった利点が。

「結婚して子供を産む」という日本の古い価値観を

「国や自治体が押し付けるべきでない」

「官製婚活は行き過ぎ」と感じている自治体もあるようです。

具体的な時代背景として

国立社会保障・人口問題研究所による資料では

「50才までに一度も結婚しない人の割合」

1990年ごろは男女とも5%程度だったんですよ!

 これにはさすがに私も驚きましたポーンポーンポーン

このように数値化されたものを目の当たりにすると

どうしても行政が動かざるを得ないかなと思ってしまいます…ショボーンショボーンショボーン

人口減少、少子化といった対策も

子供を「産む」「産まない」という選択になると

とてもセンシティブで難しいですね。。。

あなたはどう思いますか?


婚活のご相談は大阪・北摂・箕面エリアの結婚相談所マリーアンドウィッシュへ。

関連記事

  1. 自分の気持ち、ごまかしてない?!

  2. 結婚への近道は?

  3. お子様のいる再婚活、全力応援します!

  4. 2024年は「レッツ・ラ・婚!」

  5. ひとりぼっちの婚活、卒業しませんか?

  6. 結婚相談所での結婚、離婚率が低いは本当!?